The First Cry of Atom Today is the first day of the rest of my life.

SBTを使ったプロジェクト作成(2)

スコープに関するお話

昨日の続き。 実はSettingKeyにはスコープがあり、異なるプロジェクトではことなる値を使うことができる。そもそも同じ場所に置くなよという気はするがテスト用とかリリース用にビルドしたい場合に便利。このビルドの設定を分けるスコープの”軸”がSBTには3つある。

プロジェクト軸によるスコープ

それぞれのプロジェクトに対して設定が必要という場合がこのケース。ビルド全体(全プロジェクト)でもよい。

コンフィギュレーション軸によるスコープ

ビルドの種類によるわけかた。テストとかリリース用とか、デバッグ用とか。

タスク軸によるスコープ

少しよくわからないけれど、他のタスクに影響を受けるようなスコープのことらしい。

スコープはinspectコマンドで調べられるらしい。

$ sbt
> inspect name
[info] Setting: java.lang.String = hello
[info] Description:
[info]  Project name.
[info] Provided by:
[info]  {file:/Users/sasakiumi/MyWorks/hello/}default-6cbc7c/*:name
[info] Defined at:
[info]  /Users/sasakiumi/MyWorks/hello/build.sbt:1
[info] Reverse dependencies:
[info]  *:normalized-name
[info]  *:project-info
[info]  *:organization
[info]  *:description
[info]  *:on-load-message
[info] Delegates:
[info]  *:name
[info]  {.}/*:name
[info]  */*:name
>

Provided byで書かれた部分を見ると

ということらしい。

ライブラリ依存性

SBTはプロジェクトが必要なライブラリとかパッケージを管理してくれる。この依存ライブラリの管理には2つのタイプがある。

アンマネージ依存性

libディレクトリに直にjarファイルを入れるタイプ。特に管理とかされているわけではなく自分でダウンロードして、設置する必要があるのでアンマネージ。lib以下に入れるとプロジェクトのクラスパスに追加される。それだけだ!

マネージ依存性

Apache Ivyを使ってライブラリの依存解決を行う。これを使うためにはlibraryDependenciesキーに値を入れるだけでうまくいく。グループ、ライブラリ名、バージョンの順番だ。

libraryDependencies += "org.apache.derby" % "derby" % "10.4.1.3"

これをbuild.sbtに書いてupdateを打つと大体うまくいく。でも時折、参照先のリポジトリに欲しいパッケージがない場合がある。この場合はSBTにリポジトリを追加してやらないといけない。

solvers += "Sonatype OSS Snapshots" at "https://oss.sonatype.org/content/repositories/snapshots"

名前 at URLというフォーマット。

.scalaビルド設定

build.sbt以外にもproject/に置いたscalaファイルでビルド設定できる。 厳密にはbuils.sbtは結局project/以下のビルド設定にマージされることになるので、単なる略記法という意味以上のものはない。とはいっても便利。具体例で説明。

``` scala project/Build.scala import sbt._ import Keys._

object HelloBuild extends Build {

val sampleKeyA = SettingKey[String]("sample-a", "demo key A")
val sampleKeyB = SettingKey[String]("sample-b", "demo key B")
val sampleKeyC = SettingKey[String]("sample-c", "demo key C")
val sampleKeyD = SettingKey[String]("sample-d", "demo key D")

override lazy val settings = super.settings ++
    Seq(sampleKeyA := "A: in Build.settings in Build.scala", resolvers := Seq())

lazy val root = Project(id = "hello",
                        base = file("."),
                        settings = Project.defaultSettings ++ Seq(sampleKeyB := "B: in the root project settings in Build.scala")) } ```

次にbuild.sbt

``` scala build.sbt sampleKeyC in ThisBuild := “C: in build.sbt scoped to ThisBuild” sampleKeyD := “D: in build.sbt”


ここでsbtインタラクティブモードで`inspect sample-a`とうつ

``` scala bash
$ sbt
> inspect sample-a
[info] Setting: java.lang.String = A: in Build.settings in Build.scala
[info] Provided by:
[info]  {file:/home/hp/checkout/hello/}/*:sample-a

続いてsample-c

``` scala bash

inspect sample-c [info] Setting: java.lang.String = C: in build.sbt scoped to ThisBuild [info] Provided by: [info] {file:/home/hp/checkout/hello/}/*:sample-c ```

Provided byで表示されるスコープは同じなため、.sbtと.scalaはどちらに何を設定しても同じということになる。

``` scala bash

inspect sample-b [info] Setting: java.lang.String = B: in the root project settings in Build.scala [info] Provided by: [info] {file:/home/hp/checkout/hello/}hello/:sample-b inspect sample-d [info] Setting: java.lang.String = D: in build.sbt [info] Provided by: [info] {file:/home/hp/checkout/hello/}hello/:sample-d ```

sample-bは異なるスコープになっていることがわかる。これはsample-dに対応していることがわかる。

あとはプラグインとかの話しがあったけれど、ここらで自分なりにプロジェクトを作ってみたいと思う。 まとめのページはここ。このページもGitHub Pagesでできてるのか。

http://scalajp.github.io/sbt-getting-started-guide-ja/summary/ でも開発がそんなに活発でないかも。Epicの開発はほぼ停止してるみたいだし。