The First Cry of Atom Today is the first day of the rest of my life.

Learning CMU 15-721 (2)

2回目はIn-Memory Databaseに関する講義。第1回目に関してはここで書いた。 データを永続化した状態で保存するためには不揮発性のストレージにデータを保存する必要がある。ところがDiskは遅いのでいかにしてDiskアクセスを減らしてデータにアクセスするかという技術が不可欠だった。現在では大容量のDRAMが安価に手に入るようになったので、こいつをキャッシュとして使い、Diskアクセスを減らそうとしたのがDisk-Oriented DBMS. Disk Oriented DBMS DBMSではBuffer-Poolと呼ばれるメモリ領域にDisk(不揮発性のストレージ)からのPageをキャッシュする。データはPageと呼ばれる単位で管理されるがDiskにはSlott... Read more

Robin Hood hashing experiment

Historically, there are a lot of researches about data structure and algorithms. This is a core field of computer science from the past. I’m especially interested in hash table among them because it is simple data structure and widely used but there are a lot of inspiring ideas in hash table. Today I found a good article about the speed and eff... Read more

ListenableFuture and immediateFuture

ListenableFuture is a Future interface implementation in Google Guava library. Since it has compatibility with Future, you can replace Future with ListenableFuture. ListenableFuture provides a mechanism of lister callback in addition features of Future. The result of Future should be fetched by main thread later but ListenableFuture call the cal... Read more

Learning CMU 15-721 (1)

普段分散システムやデータベースの開発やメンテナンスをしているけれど、体系立ってデータベースのアカデミックな研究に触れたことがなかったのでCMU 15-721を一通り見てみようと思った。なぜこれを勉強してみようと思ったかというと周りの人が何人もおすすめをしていたからだ。少しずつ勉強してみたい。 初回はデータベース研究の歴史が主だった。が、私にとっては知らない、聞いたこと無いシステムがたくさんあったので面白かった。スライドはここ。講義の映像はここにある。 1960s - IBM IMS 世界で初めてできた商用データベースと呼ばれるものはこのIBM IMSというものらしい。アポロ計画の部品管理、目録作成のために作られたらしい。IMSを使ったことはないけれど聞いた感じ私が知っているR... Read more

Config of CircleCI 2.0

At the end of the last year, CircleCI 2.0 was released as closed beta. The main differences are described here. So according to the migration guide, I want to make a list to be noted when you migrate your project toward CircleCI 2.0. Of course for myself. Config path CircleCI refers circle.yml file as build configuration. In CircleCI 2.0, the ... Read more